読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の自由研究

フィジカル・コンピューティングから玩具まで、大人の自由研究の記録。

インド旅行記6(インド4日目 バラナシ ガンジス川)

この旅の目的である、ガンジス川での沐浴です。

 

沐浴は早朝が良いとのことなので、朝早く起きて日の出を拝みます。

f:id:takanakafumi:20160213161045j:plain

f:id:takanakafumi:20160213161148j:plain

f:id:takanakafumi:20160213161359j:plain

霧がかっていますが、ガンジス川沿いで見る日の出は絶景でした。

 

 

f:id:takanakafumi:20160213161807j:plain

美しい日の光と薄暗さで川の汚れをごまかしつつ、沐浴の準備に入ります。

 

f:id:takanakafumi:20160213162208j:plain

日本から持参した正装(ふんどし)が朝日に映えます。

 

f:id:takanakafumi:20160213162404j:plain

早朝マジックでガンジス川が美しく見えていましたが、やはり昨日と同じく汚れております。足を入れると、底の方がヘドロでヌルヌルしています。

足を滑らさないように気をつけながら入ります。

 

神聖な気持ちなので、周りのウンコや浮いたゴミは気になりません(気にしません)。

 

f:id:takanakafumi:20160213162834j:plain

準備した手ぬぐいに石鹸をこすりつけて、身を清めます。

インド人も川で体や頭や洗濯物や牛など、いろいろ洗っています。

たまたま居合わせた台湾人には、「洗う意味ナイヨー」と言われました。

 

f:id:takanakafumi:20160213163203j:plain

持参したシャンプーで頭も清めます。意味があるかどうかは気持ちの問題です。

 

f:id:takanakafumi:20160213163324j:plain

地元の方にも人気の沐浴スポットだったようで、ご婦人方も増えてきました。

 

f:id:takanakafumi:20160213163530j:plain

最後は聖地ガンジス川に抱かれて、沐浴完了です。

写真はありませんが、このまま潜っております。

 

 

そこらかしこに犬、牛、羊、人のウンコがあり、川沿いも街中も汚れた匂いが立ち込めていますが、不思議と沐浴中は気にならない不思議です。

沐浴後は凄い爽快感がありました。

 

一応この後、ホテルのシャワーで隅々まで洗っておきました。

そのおかげか、熱も出ずに元気でお腹も無事です。

 

f:id:takanakafumi:20160213163939j:plain

この後、この場所はインド人の沐浴で混雑しておりました。

 

皆さんもインドに行ったら、ぜひ勇気を出して沐浴をお勧めします。

聖なる川に抱かれる、何ものにも替え難い充実感を得られることかと思います。