大人の自由研究

フィジカル・コンピューティングから玩具まで、大人の自由研究の記録。

キャンプ用にテントとタープを買いました(2016.06.01)

小学生になった子供たちがキャンプに行きたいとのこと。

 

確かにキャンプは楽しそうだけど、テントを持ってないので買うことに。

しかし、すごく大量のテントがあるので、1月くらいかけて吟味。

キャンプ用品展5軒とキャンプ雑誌4冊みて決めた記録。

 

まず、流行りは下記のような2ルーム一体型らしい。

店でも超勧められた。 

コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J

コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J

 

 

確かに一つ設営してしまえば、リビングルームと寝室ができるので簡単。

しかしながら、寝室の大きさは家族5人で寝るにはやや狭い。

3人家族とかなら、間違いなくこれを選んだ。

 

 

なので、2室タイプはやめて、テント+タープにすることにした。

ここで初心者キャンパーが誰しも悩むのは、下記の2択。

ググりながら自分視点で超比較する。

 

見た目の洗練された感じがかっこいいスノーピーク

3万〜5万で探すと値段も手頃なこちら。 

アメニティドーム(スノーピーク

メリット

・とにかく見た目がかっこいい

・天井が低いので強風でも大丈夫

・前室に靴とか荷物おける

 

デメリット

・周辺装備含めて全部値が張る

・天井が低いので、テント内で立てない

・熱がこもる

 

 

 そして双璧をなすのが、安定のコールマン。

コールマン テント タフワイドドーム4/300 [4~6人用] 2000017860

コールマン テント タフワイドドーム4/300 [4~6人用] 2000017860

 

 

タフワイドドーム300(コールマン)

メリット

・とにかく広い、天井高い

・換気が優れており熱がこもらない

・タープとかと連結できる

 

デメリット

・売れまくってるので、キャンプ場で必ず被る。

 

 

使ってないので何とも言えないが、調べた情報だとこんな感じ。

高額でもよいならスノーピークも広いやつあるが、4万程度だとこの比較になる。

 

初めは見た目に惚れてアメニティドーム押しだったが、実物みてみると、やはりタフワイドドームがでかい。家族5人で行くことを考えると、でかさのアドバンテージは大きい。

 

また、メリットにもデメリットにもなる、アメドの低さだが、そもそも強風の中のキャンプは想定外かつ、夏場のファミリーキャンプでは通気性は超重要。

ということで、我が家は結局コールマンのタフワイドドームを選ぶ。

 

で、タープを探すとタープ一体型かつ、色が渋いやつが2015年の限定モデルであったので、そちらを購入。

 

今は売り切れなので、買うならクロスポールで調査が簡単な下記タープとの組み合わせになると思います。

コールマン タープ XPヘキサタープ/MDX 170T16550J

コールマン タープ XPヘキサタープ/MDX 170T16550J

 

 

そして、バーベキューと焚き火用に、見た目の洗練さで鉄板の下記を購入。

 収納ケース付きが嬉しいです。

 

あと、銀マットや寝袋を買っていざ出発。

初めてのテント設営でしたが、なんとか上手く張れました。

 

f:id:takanakafumi:20160605181203j:plain

f:id:takanakafumi:20160605181213j:plain

子供と一緒にやって全部で1時間はかからないくらいでした。

 

当日はあいにくの小雨でしたが、朝になっても防水ばっちり。

ただし、テント下には普通のブルーシート敷いてたので、はみ出た部分は湿ってきてました。

 

あと、銀マット+寝袋で寝たけれど、翌朝超背中が痛かったです。

やはりマットは追加で買うべき。次回に向けて下記を購入することにしました。

 

キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル140×217cm UB-3001

キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル140×217cm UB-3001

 

 

タフワイドドームには、下記の2枚組が良さそう。

 

あと、付属のペグとハンマーはプラスチック製でいまいちだったので、

追々購入必要。

 

とりあえず、今回はここまで。