読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の自由研究

フィジカル・コンピューティングから玩具まで、大人の自由研究の記録。

インド旅行記5(インド3日目 バラナシ)

いよいよ今日から聖地ガンジス川のある街、バラナシへ向かいます。

 

デリーからバラナシへの移動方法ですが、今回は事前にインドの国内便をネットで予約していました。

 

日数の制約がある旅だったので、飛行機を選択しましたが、

友人の話を聞くと、デリーから深夜列車で行くと色々面白いらしいです。

 

デリーにあるガンディラ・インディー空港から国内線に乗ります。

手荷物検査はしっかりあります。ライターは持ち込めないのでご注意ください。

 

ただし、空港内には喫煙所あり、壁に熱された鉄板がついてて、それでタバコに火をつけることができます。

 

f:id:takanakafumi:20151117214418j:plain

バラナシの空港(ラール・バハードゥル・シャーストリー空港)に到着です。

デリーとは異なり、スカスカです。

ここからバラナシの街までタクシーで移動しました。(40分くらい)

 

 

f:id:takanakafumi:20151117214850j:plain

バラナシまでの道は、デリーとは打って変わり、貧しい家が見られます。

 

f:id:takanakafumi:20151117215051j:plain

ただし、バラナシに着くと、人が多いです。人も自転車も車も牛も多いです。

タクシーの運転手に、バラナシでは客引きが多いから気をつけろ!とアドバイスもらいました。

客引きのコミッションが45%らしく、かなり強引に客引きされます。

 

f:id:takanakafumi:20151117215439j:plain

 

バラナシの道は非常に狭く悪いので、スーツケースを引いたりするのも困難です。

極力リュックが好ましいのですが、今回はタクシーで強引に宿まで行きました。

運ちゃん凄い。

 

宿は、超強気の価格設定の

スリオウデイ ハヴェリ アン アムリターラ リゾート(Suryauday Haveli - An Amritara Resort)にしました。

f:id:takanakafumi:20151117215727j:plain

私自身は安宿を攻めたかったのですが、相方の強い希望でこちらに。

非常に高価格ですが、Wi-Fiやホットシャワー、ヒーターなど、いろいろ揃っていないはずのバラナシにて、かなり良い設備が使えます。

値段に見合った設備とは言えませんが、ガートを改造してホテルになってるので、ガンジス河沿いのロケーションは最高で、場所代といったところでした。

 

f:id:takanakafumi:20151117221233j:plain

 

この日は1日ガンジス河沿いをプラプラしたり、土産物屋を回ったり、火葬場を覗いたりしました。

バラナシは都会的なデリーとは異なり、非常にインドらしい(インドくさい)です。

そこがたまらなく心地よかったです。

 

ガンジス河沿いは、客引きやガイドやマッサージや葉っぱ売りなど、山ほど話しかけられるので退屈しません。むしろ飽き飽きするほど日本語でも話しかけられました。

 

 

f:id:takanakafumi:20151117221020j:plain

噂には聞いていましたが、聖地と言えど

まー汚いですね。

 

f:id:takanakafumi:20151117220959j:plain

近くでみると、濁り具合がよくわかります。

 

f:id:takanakafumi:20151117221041j:plain

牛さんもたくさんいます。うんこも。

 

f:id:takanakafumi:20151117221103j:plain

人も牛も犬も、みんな自由にしています。平日のはずなのに。

 

f:id:takanakafumi:20151117221510j:plain

ガート沿いは開けていましたが、一つ内側に入ると、道は極細です。

 

f:id:takanakafumi:20151117221611j:plain

細道の中、チャイ屋さんがあったりするので、チャイで休憩しつつ探検します。

 

f:id:takanakafumi:20151117221715j:plain

どこでも美味しくチャイが飲めます。ハマります。

 

f:id:takanakafumi:20151117222513j:plain

火葬場は写真NGだったので、写真はありませんが、必見です。

で火葬場の詐欺やら、マッサージ詐欺やら、客引き詐欺の相手を一通りして、宿に戻りました。

 

詳しくは下記記事参照。

takanakafumi.hatenablog.com

 

 

f:id:takanakafumi:20151117222053j:plain夜は、ガートで行われるプージャというヒンズー教の祈りの儀式を、ボートの上から見学しました。

 ※これは宿のサービスに含まれていました。

 

f:id:takanakafumi:20151117222948j:plain他の観光客の人たちも、メインのガートに集まってきていました。

 

f:id:takanakafumi:20151117221925j:plain非常に美しく、神秘的でした。

 

 

f:id:takanakafumi:20151117222818j:plain

なお、蚊が多いので虫除け必須です。

 

沐浴は早朝が良いとのことでしたので、

明日は日の入りとともに、いよいよガンジス河で沐浴です。